保湿してもいつまでたってもニキビが治らない・・・

ニキビには保湿が大切!と思ってしっかり毎日、欠かさずクリームや乳液などで保湿をしているけど、ニキビが治らない・・・ということありませんか。

 

私も全く同じように保湿を続けていたけど、ニキビが治らなかったんですよね。

 

そんなときに友人から勧められて使ってみた美容液でニキビが驚くほどよくなったんです。

 

それは皮脂線の働きを抑える効果のある日本で初めて認可された薬用美容液。

 

今まで何も考えずに保湿、保湿ってがんばってきたけど、確かに皮脂を抑えれば毛穴もつまりにくくなるので、ニキビがよくなるのも当たり前かも、ということでその美容液を詳しく紹介してみようと思います。

 

自己紹介

 

こんにちは。

 

マコです。現在30代前半、10代の頃からニキビができやすくて、ちょっと油断すると赤いニキビができたり、さらにひどくなって膿をもったニキビができていました。20代後半になってからは赤いニキビのようなニキビというよりも白いニキビや毛穴の黒ずんだような黒ニキビが多くなっています。

 

若い頃は脂性肌で、20代後半になってからはTゾーンが脂があるけど、あごや口元などは乾燥するような肌です。

 

ニキビが気になって保湿を心がけるようになったのも20代後半になってからですね。

 

でも常にニキビができていて(夏も冬も関係なし!)、特にあごや口周りによくできてしまうんです。たまに鼻に大きな赤ニキビのようなものまでもできることも。

 

いろいろ保湿成分を考えて違う種類を試してみても、あまり改善ぜす30代になってしまいました・・・

 

保湿をしても治らなかったニキビが・・・キレイなお肌になって自分でもびっくりしています。

大人になってから常にニキビがどこかにできていました。

 

多いのが白いポツポツとしたニキビでお肌が常にザラザラしている状態です。

 

そういったお肌のざらつきのあるニキビには保湿が大切とどこにも書いてあったので、せっせと保湿を何年も保湿をし続けてきたけど、結局あまり変化は見られず・・寝不足ぎみのときや疲れがたまったとき、生理前などはいつもニキビができて肌荒れをしていました。

 

そんなときに、同じような肌質でニキビに悩んでいた高校からの友人が勧めてくれたのがライースクリアセラムです。

 

 

2018年4月に発売された新商品です。

 

ライースクリアセラムのいちばんの特徴が日本で唯一「皮脂分泌の抑制」効果が認められた「ライスパワーno6」成分が配合されていること。

 

でも、皮脂を抑えちゃったら逆にニキビができやすくなりそうだけど。と初めて見たときは思ったんですけど、それとはちょっと違うようなんですね。

 

というのも、出てきた皮脂を取り除くのではなく、皮脂線そのもの働きを抑えるので、必要な皮脂はしっかりと維持されるので、お肌にとってちょうどいい量の皮脂はしっかりと保持されるので、乾燥しちゃってニキビが増えちゃうんじゃないの?と心配してたけど全く大丈夫でした。

 

でライースクリアセラムのいいのが効果を実感するまでが早い!ということ。

 

7日間で60%の人が実感できる、と公式HPにも記載があったように、私も4、5日で「あれ、なんか肌荒れよくなったかも?」と思うようになりましたよ。

 

そして、使い方もとっても簡単。

 

洗顔して化粧水つけてその後にライースクリアセラムをつけるだけ、基本的にはコレでOK。

 

Tゾーンなど皮脂が気になる部分には2度つけを、と書いてあったけど、私はそこまでではないので、2度つけはしてません。

 

使ってみるとわかるんですけど、浸透力?がいいのかお肌の中へスーッと入って行く感じで、いやなベトベト感は全くありません。

 

今まで保湿をしっかり、と思っていたので、逆に物足りなさを感じてしまうくらい。ただ、使ったあとに乾燥してしまうとか、ざらざらするとかもなく、お肌がもちもちになるのがびっくりです。

 

私の場合はトライアルの1本(約10日分)でお肌のザラザラ感、ニキビのブツブツが見た目でわかるくらいまで改善したので、現品購入で使い続けていますよ。

 

 

⇒ライースクリアセラムのトライアルお試しはこちらからどうぞ

ニキビにはなんで保湿がいいと言われているの?

ニキビ、特に大人ニキビには保湿が大切って言われてますよね。

 

ニキビ全部に言えることですけど、ニキビの原因は毛穴に詰まった皮脂や古い角質が毛穴をつまらせて炎症を起こしてニキビになります。

 

なので、毛穴を詰まらせないようにすることが大切になります。

 

保湿をするのはお肌が乾燥するとお肌が肌を守ろうとして皮脂をいっぱい出すため、保湿をして、皮脂の分泌を抑えることが保湿をする目的になります。

 

なので、大人になると乾燥しやすいフェイスラインのニキビが増える人が多くなるというわけです。

 

保湿する意味はこの乾燥を防いで、皮脂の分泌量を抑えることにあります。

 

ただ、大人ニキビはもう一つ男性ホルモンの分泌の影響も大人ニキビの原因になります。

 

男性ホルモンが増えると、皮脂の分泌量が増えます。そうすると、毛穴に皮脂がつまりニキビができやすくなります。
また男性ホルモンは肌のバリア機能を低下させ、毛穴の収縮させ、毛穴が詰まりやすくすることもあるんだとか。

 

男性ホルモンはストレスや睡眠不足、生理の影響などもああるので、規則正しい生活や食事などを取りましょうなんて言われてますよね。

 

でもこれがなかなか難しくて、正直自分で調整することはできにくいと思っています。私個人的な意見ですけど。

 

そして保湿をしてもニキビが治らない人はこの男性ホルモンの影響が強くてニキビができてるんじゃないか、と思うんですよね。これも私個人的な意見です。

 

というのも、私は保湿をしっかりしてもニキビがなかなか治らなかったんですけど、睡眠不足が続いたり、生理前には必ずといっていいほど、ニキビができていたんですね。

 

確かに保湿をして、お肌の調子がいいときもありましたけど、毎月決まって睡眠不足が続いたり、生理前にはできていたんです。

 

コレは男性ホルモンの影響が強くて、皮脂の分泌量が増え、ニキビができてたんじゃないかな?って思うんです。

 

それがライースクリアセラムを使ってから、ニキビの調子がよくなったのは、たぶんですけど、男性ホルモンの影響を受けて皮脂の分泌量が増えていたのを、ライースクリアセラムが抑えてくれるようになったために、ニキビができにくくなった、と思っています。

 

もし私と同じように、睡眠不足やストレス、生理前後にニキビができやすいという人は男性ホルモンの影響でニキビができやすくなっているかもしれません。

 

もしそうであればライースクリアセラムを試してみると改善するかもしれませんよ。

 

お肌に合う、合わないもあるので、まずは試しにトライアルセットを使ってみてくださいね。

 

 

⇒ライースクリアセラムの1,000円お試し10日分はこちら

保湿してもニキビが治らない・・皮脂を抑える美容液でニキビ改善

ニキビケアにはスキンケアがとっても大切ですよね。ニキビの原因はいろいろあるけど、皮脂が毛穴につまる、ということがいちばんの原因になります。皮脂はストレスや睡眠不足、生理などの影響を受けて男性ホルモンの量が増え皮脂分泌が過剰になり毛穴詰まりの原因となります。特に顎あごや口周りなどのフェイスラインにはできやすいですね。ニキビを改善する方法としてはスキンケアがまずはなにより大切。間違ってもニキビをメイクで隠すような方法をとると、ニキビが悪化する可能性もあるので注意が必要です。ニキビをケアするスキンケアといっても薬局で販売しているものから、ドクターズコスメなる化粧品からビタミンC誘導体配合のものなど成分や値段もまちまちでどれを選べばいいのか難しいところです。動画なんかでもニキビを改善する方法なんかで検索するとたくさん出てくるかもしれませんね。私も同じように保湿をしてもニキビが治らなかったのですが、皮脂を抑える美容成分配合の美容液を使うようになってからかなりニキビが改善するようになりました。あ、あとおでこや背中のニキビにはヘアケアも大切みたい、というか、よく洗い流すことも大切のようなので注意してくださいね。